手取りしんじょ「浜の月」

浜の月
  • 手取りしんじょ「浜の月」

    浜の月

    しんじょとは、やさしくのばした魚のすりみを蒸す、あるいは茹でたもの。鈴廣の「浜の月」は新鮮なグチなどを使い、職人が一枚ずつ手取りで仕上げます。しんじょならではの、つるっとした食感です。
    昔ながらの手どりの方法で、なめらかな口あたりが特徴です。わさび醤油や、椀種としてお召し上がりください。

    原材料
    魚肉、卵白、昆布だし、みりん、清酒、食塩、魚介エキス、(一部に卵・えびを含む)
    価格
    1枚400円(税込価格432円)
    5枚篭入2,350円(税込価格2,538円)
    オンラインショップを見る お電話でのご注文、店頭での販売についてはこちら

つるりとした「浜の月」
でございます

「浜の月」は鈴廣が生み出した、新しきかまぼこでございます。
かまぼこの素材である、高級魚のグチなど、塩、卵白、そして箱根小田原のお水をつかって、板かまぼことはまた違う、新しき食感を作り出しました。

「浜の月」の名前のとおり、つるりと、のどにすべっていくようななめらかさが心地よい一品です。
冷やしてつるりとお刺身のように召し上がっていただくか、昆布出汁で軽く温めてお椀料理の具材としてお使いください。

職人の浜の月づくりへの想い

「浜の月」の意匠をこらし

意匠は浜辺の海に映る月。
夜の波間にゆらりゆらりと揺れる月の姿は立ち去り難い美しさ。

この月の感動は新しきつるりとしたかまぼこの味と申しても過言ではないかと、あえて浜の月と名づけ、意匠も月を型取りました。

素材のおいしさそのままに

お魚本来の弾力と風味を大切に味わっていただきたいという想いから、着色料や調味料には化学的に合成されたものは使用しておりません。保存料ももちろん使っておりません。

鈴廣の天然素材についての考え方