鈴廣のおでん

鈴廣のおでん
  • 鈴廣のおでん 職人づくりおでん鍋(い)

    鈴廣のおでん 職人づくりおでん鍋(い)

    鈴廣のおでん種は、「そのままでも食べられる美味しさ」が信条。上質のすり身と具材により種自身に味わいがあるため、さっと煮るだけで“旨味たっぷりおでん”の出来上がりです。
    家族団らん、仲間とわいわい。4~5人前をご用意いたしました。

    内容量
    小田原がんも(五目・穴子・ホタテ各1個)、ジャンボごぼう巻1個、信田巻1個、海老こがね2個、福袋2個、ばくだん1個、かにはんぺん1個、味しめじ1個、きんぴら揚げ1個、もろこし揚げ2個、れんこん揚げ1個、いかっ子1個、イワシつみれ1個、おでん汁1本
    販売期間
    9月下旬~2月末(年末年始は除く)
    原材料
    おでん種:魚肉(輸入)、種もの(味付けごぼう、油あげ、玉子、えび、れんこん、とうもろこし、鶏そぼろ煮、酒蒸しぶなしめじ、人参、餅、いか、枝豆、味付け木耳、ほたて、穴子蒲焼き、ごぼう、かに肉、いんげん、グリンピース、しらたき、たまねぎ、青のり、ひじき、昆布、黒ごま、しょうが、椎茸)、みりん、卵白、でん粉、砂糖、食塩、米油、昆布だし、魚介エキス、清酒、魚醤、かんぴょう、椎茸だし、まぐろ魚油、酒粕、しょうゆ、揚げ油(米油)、(一部に卵・えび・かにを含む)
    おでん汁:しょうゆ(国内製造)、発酵調味料、食塩、だし (かつお節、昆布)、砂糖、酵母エキス、(一部に小麦を含む)
    価格
    5,030円(税込価格5,433円)
  • 鈴廣のおでん 職人づくりおでん鍋(ろ)

    鈴廣のおでん 職人づくりおでん鍋(ろ)

    鈴廣のおでん種は、「そのままでも食べられる美味しさ」が信条。上質のすり身と具材により種自身に味わいがあるため、さっと煮るだけで“旨味たっぷりおでん”の出来上がりです。
    少人数にもうれしいおでんセット。2~3人前をご用意いたしました。

    内容量
    小田原がんも(五目・穴子・ホタテ各1個)、ジャンボごぼう巻1個、信田巻1個、海老こがね1個、福袋1個、ばくだん1個、かにはんぺん1個、味しめじ1個、きんぴら揚げ1個、もろこし揚げ2個、れんこん揚げ1個、いかっ子1個、イワシつみれ1個、おでん汁1本
    販売期間
    9月下旬~2月末(年末年始は除く)
    原材料
    おでん種:魚肉(輸入)、種もの(味付けごぼう、油あげ、玉子、れんこん、とうもろこし、鶏そぼろ煮、酒蒸しぶなしめじ、えび、人参、いか、味付け木耳、餅、枝豆、ほたて、穴子蒲焼き、ごぼう、かに肉、いんげん、たまねぎ、グリンピース、しらたき、青のり、ひじき、昆布、黒ごま、しょうが、椎茸)、卵白、でん粉、みりん、砂糖、食塩、米油、昆布だし、魚介エキス、清酒、魚醤、椎茸だし、かんぴょう、まぐろ魚油、酒粕、しょうゆ、揚げ油(米油)、(一部に卵・えび・かにを含む)
    おでん汁:しょうゆ(国内製造)、発酵調味料、食塩、だし (かつお節、昆布)、砂糖、酵母エキス、(一部に小麦を含む)
    価格
    4,480円(税込価格4,839円)
  • ばくだん

    ばくだん

    昆布、鶏肉、人参入りのすり身で包んだ大きな卵。

  • 小田原がんも<五目>

    小田原がんも<五目>

    人参、椎茸、ごぼう、枝豆、ひじき。
    ぎっしり入ってボリューム満点。

  • 小田原がんも<ホタテ>

    小田原がんも<ホタテ>

    青のり入りのすり身で丸ごとホタテを包み揚げました。

  • れんこん揚げ

    れんこん揚げ

    れんこんを魚のすり身にのせて揚げました。

  • もろこし揚げ

    もろこし揚げ

    たっぷり入ったとうもろこしの甘みがふんわり広がります。

  • ジャンボごぼう巻

    ジャンボごぼう巻

    柔らかく煮たごぼうをすり身で巻きました。

  • いかっ子

    いかっ子

    魚のすり身に刻んだいかを入れサッと揚げました。

  • 小田原がんも<穴子>

    小田原がんも<穴子>

    シャキシャキごぼうとふわふわあなごがぎっしり。

  • イワシつみれ

    イワシつみれ

    いわしをすって栄養豊富。

  • かにはんぺん

    かにはんぺん

    かにの身を混ぜふわふわの食感に仕上げました。

  • 味しめじ

    味しめじ

    魚のすり身に、柔らかなしめじを混ぜた小粋な味。

  • 信田巻

    信田巻

    木耳、人参、ひじき、いんげん、黒ごま入り。輪切りにしてお使いください。

煮込まず、ひと煮立ち 素材の旨味を味わうおでん

鈴廣のおでん種は時間をかけてぐつぐつと煮込む必要はありません。
良質なすり身だけを使って作るため、そのままでもお召し上がりいただけるほど、種自身の旨味がしっかりしています。ですから、さっとひと煮立ちが一番美味しい時。家族団らんの夜に、または夕食のおかずのもう一品に、気軽にお召し上がりいただけます。

さらに鈴廣のおでん汁をご使用になれば一段と味わい深い仕上がりに。
遺伝子組換えでない大豆を主原料とした本醸造しょうゆ仕立ての本品は、削りたてのかつお節と北海道昆布から出汁を取り、丁寧におつくりしています。

味、食感、色合い すべてを吟味した自信作

全部で15種類のおでん種は、個々の味わいはもちろん、お鍋全体の“ふわふわとシャキシャキの食感のバランス”や“色味のにぎわい”を工夫した自信作です。

ふわふわの代表格は直径八センチと特大の「かにはんぺん」。空気をいっぱい抱かせたふわふわのすり身に、かにの身を混ぜこみました。またシャキシャキはと言えば「きんぴら揚げ」や「れんこん揚げ」。野菜の歯ごたえと香りが人気です。

すり身でつくるがんもどき

鈴廣ならではのおでん種、「小田原がんも」は豆腐ではなく、魚のすり身を使った味わい豊かながんもどき。具材たっぷりの『五目』、シャッキリごぼうとふわふわ穴子が相性のよい『穴子』、青のり入りのすり身で、まるごとホタテを包み揚げにする『ホタテ』の三種類が揃います。

職人が二人ひと組となって作る『ホタテ』は二人の呼吸を合わせた手早い作業が肝心。一人がすり身にホタテを入れて団子状にし、もう一人が型にはさんで成形します。この「型」とは、天然の貝殻。貝を開けば愛らしいおでん種の出来上がりです。

素材のおいしさそのままに

ふんわりとしたグチの食感と風味、そして季節を感じるとびっきりの旬材を感じていただくため、着色料や調味料には化学的に合成されたものは使用しておりません。保存料ももちろん使っておりません。

鈴廣の天然素材についての考え方