現在のページ

ジャム・ドリンク

海と大地をつなぐ食の資源循環モデル

鈴廣のジャムやドリンクの一部の商品に使われている果実は、かまぼこづくりと関係があります。
かまぼこを作る際に出る魚の皮や骨からつくった肥料で育てたからです。

お魚が育つ海の水は、大地に降った雨が川を流れて注ぎ込んだもの。
海の水を清らかに保つためには大地もきれいにする必要があります。

鈴廣は大地と海のつながりを見直し、いのちが生き生きと輝く場所を少しでも増やしたいと考えています。

商品情報

ラインナップ

お気に入りの味をいつでも。自信作ぞろいの豊富なラインナップからお好みの一品をお選びください。

■ジャム
パンやお菓子に添えてひと工夫。

■ソース
プレーンヨーグルトにかけると、素材のよさを引き立てあって一層おいしくなります。アイスクリームやワッフルなら、かけるだけでオリジナルスイーツに早変わり。ホイップクリームと組み合わせてシンプルクレープやフルーツパフェに使ってもおしゃれです。かき氷や白玉団子にかけて和スイーツを楽しんでも。

■ドリンク
厳選した原料の美味しいところだけを用い、少量ずつ丁寧に手づくりしたドリンクは風味を活かしながら、本来の色を大切に仕上げました。
果実以上に贅沢なドリンクを目指し、職人が味を見極めた果汁に調節しておつくりいたしました。

旬のジャム

旬の素材だけを使用した、今までにないフレッシュな味わいのジャムができました。

※1 鈴廣かまぼこの里内汐風の果樹園にて限定販売。
(鈴廣オンラインショップでのお取り扱いはございません。)

※2 旬の素材でおつくりする為、収穫時期や収穫量、種類に変動がございます。すぐに売り切れる場合もございますので、在庫はお問い合わせください。

詳しくはこちら

みかん農家がかまぼこ屋を訪れるのはかつて、
当たり前の光景でした。

みかんの里でもある小田原では、昭和の頃まで、みかん農家の方々が
かまぼこ屋に魚の骨や皮をもらいにくるのは当たり前の光景でした。
「魚を畑にまくと果物が甘くなる」からだそうです。

魚にはタンパク質といった栄養がたくさん含まれているので、その栄養が果物に届くのです。「小田原のみかん農家はかまぼこ屋の魚をつかっているそうよ」と、お土産話を添えて、お友達へのプレゼントにいかがですか?海の恵みで甘くなった果物たち、ぜひお味見ください。

ジャムを煮詰めない

素材の香りやおいしさを生かすために、ジャムは煮詰めずにお作りしています。

小さな銅釜で果実を少量ずつ火にかけることで、グツグツと煮詰めずに
絶妙な炊き具合のときに火を止めます。
少量生産をすることでタイミングをのがしません。

ページ上部へもどる