現在のページ

特上・謹上・上板蒲鉾

商品情報

特上蒲鉾

小田原かまぼこの特徴は、姿は山高、色は白くて、きめ細やか。食せば、しなやかな弾力の歯触りとのど越し。
その伝統を忠実に受け継ぐのが、この鈴廣の特上蒲鉾です。

原材料
魚肉、砂糖、みりん、卵白、食塩、酒粕、昆布だし、魚醤、着色料(カルミン酸)
内容量
紅、白 各1本
価格
1,600円(税別)
鈴廣オンラインショップ
お電話でのご注文、店頭での販売についてはこちらから

謹上蒲鉾

鈴廣一番の人気商品、お手頃価格の板かまぼこです。
お土産だけでなく、ご自宅使い用にもピッタリ!
グチとタラを主に使用しています。

原材料
魚肉、みりん、砂糖、卵白、食塩、酒粕、昆布だし、清酒、魚醤、魚介エキス(えびを含む)、着色料(カルミン酸)赤板のみ使用
内容量
紅、白 各1本
価格
1,100円(税別)
鈴廣オンラインショップ
お電話でのご注文、店頭での販売についてはこちらから

上板蒲鉾

お手頃価格の小田原かまぼこ。
一手間かけて楽しいおしゃれな板わさに。
料理に使っても美味しいかまぼこです。

原材料
魚肉、みりん、砂糖、卵白、食塩、酒粕、でん粉、焼酎、昆布だし、魚介エキス(えびを含む)、魚醤、着色料(カルミン酸)赤板のみ使用
内容量
紅、白 各1本
価格
950円(税別)
お電話でのご注文、店頭での販売についてはこちらから

小田原といえば、板かまぼこ

「特上」「謹上」「上板」は鈴廣かまぼこの代表作です。
全国には様々な種類のかまぼこがありますが、この板につけて蒸しあげたかまぼこが小田原の代表的な製法です。

蒸しかまぼこは魚の中でも特に身がしっとりとしていて、ぷりぷりとした食感を持つものを厳選しなければおいしいものができません。そのため、ほかの揚げや焼きかまぼこに比べ、蒸しかまぼこは特に高級品として扱われてきました。

「特上」「謹上」「上板」にはグチやイトヨリといった
天然魚のおいしいところだけを手作業でおろし、使っています。

特上、謹上、上板の違い

「特上」「謹上」「上板」は材料や製法を変えることで、それぞれ異なる三様の食感や風味をお楽しみいただけます。
個々の特徴を生かした味わい方でお召し上がり下さい。

特上

浜揚げされた生のお魚を使い、魚の香りや風味をもっとも深く感じることのできる一品です。
加熱せずに、12ミリに切ってそのままお召し上がりいただくのがおすすめです。

謹上

一年の中でもっとも弾力が強い時期の魚肉を使っています。
お魚のプリッとした弾力を楽しんでいただける一品です。
加熱せずに、12ミリに切り、そのままお召し上がりいただくのがおすすめです。

上板

加熱しても弾力が変わらないように、少しでんぷんを加えて作っております。
炒め物や煮物、天ぷらなどにもお使いいただきやすい商品です。

素材のおいしさそのままに

この三つの板かまぼこはグチやイトヨリ、タラといった天然魚を使い、
お魚が本来持っている弾力と味わいだけで表現しました。

そのため、着色料や調味料には化学的に合成されたものは使用しておりません。
保存料ももちろん使っておりません。


ページ上部へもどる