現在のページ

やき角・焼きしんじょ

商品情報

やき角

蒸してから表面を香ばしく焼きあげた手づくりかまぼこ。

原材料
魚肉、砂糖、卵白、みりん、食塩、
魚介エキス(えびを含む)、昆布だし、魚醤
価格
750円(税別)
鈴廣オンラインショップ
お電話でのご注文、店頭での販売についてはこちらから

焼きしんじょ

鈴廣が昔から造りつづけていたしんじょを
経木の箱のまま焼き上げてございます。
木の香りと魚のもつ味が一体となって、
美味しさをかもしだしてくれることでございましょう。

原材料
■貴み恋し焼:
魚肉、卵白、卵黄、生クリーム、砂糖、米油、酒粕、みりん、食塩、昆布だし、魚醤、魚介エキス、(一部に卵・乳成分・えびを含む)

■柔か焼:
魚肉、砂糖、卵白、みりん、米油、でん粉、食塩、昆布だし、魚介エキス(えびを含む)、清酒

■さつまいも焼きしんじょ:
魚肉、種もの(さつまいも)、砂糖、卵白、みりん、米油、食塩、昆布だし、でん粉、魚介エキス(えびを含む)、清酒、着色料(クチナシ)
価格
900円(税別)
お電話でのご注文、店頭での販売についてはこちらから
  • 1~4月 『貴み恋し焼』

    しみじみ、ふっくり、つるり、卵とすり身をやさしく焼き上げました。お酒にも、おやつにも。

  • 5~8月 『柔か焼』

    鈴廣が昔からつくり続けている「しんじょ」を、経木のまま焼き上げました。木の香りと魚の持ち味が一体となって、一層の美味しさをお楽しみいただけます。

  • 9月~12月 『さつまいも焼しんじょ』

    ほくほく甘い焼きいもと艶やかなしんじょが織りなす口福。お酒のお供に、お茶うけに。秋の味覚をお楽しみください。

木々といっしょに焼き上げて

江戸時代より魚を味わう方法として、板焼きがございます。
魚を杉などの板ではさんだり、木の箱の中に入れたりして焼く方法です。

焼きしんじょは経木の箱に魚のすりみを入れて、木の香りを染み込ませました。香り豊かに、ふわふわな食感でございます。

やき角は板の上で焼いておりますが、香りをあえてつけずに、お魚の風味を楽しんでいただけるようにいたしました。

厚めに切って食感をお楽しみください

やき角はしっかりとした食感を、焼きしんじょはふんわりとした口当たりを表現しております。 食感がいきるよう、厚めにきってお召し上がりください。

素材のおいしさそのままに

お魚本来の弾力と風味を大切に味わっていただきたいという想いから、着色料や調味料には化学的に合成されたものは使用しておりません。保存料ももちろん使っておりません。


ページ上部へもどる