現在のページ

百年ちくわ

商品情報

百年ちくわ

焼きちくわと白焼きちくわの二種類のお味。
焼きちくわは豊かな香ばしさを、白焼きちくわはふっくらとした食感をご賞味ください。

原材料
■焼きちくわ:魚肉、砂糖、卵白、魚介エキス(えびを含む)でん粉、みりん、食塩、ごま油、魚醤、酒粕、香辛料

■白焼きちくわ:魚肉、砂糖、卵白、でん粉、種もの(ねぎ)、食塩、魚介エキス(えびを含む)、魚醤、酒粕
内容量
2種3本ずつ
価格
850円(税別)
鈴廣オンラインショップ
お電話でのご注文、店頭での販売についてはこちらから

古のかまぼこは竹輪です

鈴廣の竹輪は、竹輪のためにつくったお魚のすりみを炙って焼き上げます。
ぎゅっと味がひきしまり、皮の香ばしさとしっかりした歯ごたえが特長の自慢の一品です。鈴廣の竹輪は、かまぼこの起源を想像しながらお作りしています。

かまぼこがはじめて文献に登場したのは平安時代に書かれた『類聚雑要抄』。
形は今のちくわに似ていて、木の棒に魚の身をつけて焼きあげていたようです。 きっと、しっかりとした魚の歯ごたえと味わいがしていたのではないかと思います。

魚をまるごと焼いて食べるのではなく、手間をかけてかまぼこにしてから食すのですから、さぞ、贅沢品だったのではないでしょうか。

素材のおいしさそのままに

お魚本来の弾力と風味を大切に味わっていただきたいという想いから、着色料や調味料には化学的に合成されたものは使用しておりません。保存料ももちろん使っておりません。

ページ上部へもどる