現在のページ

旬の魚をとどける工夫

魚の旬を活かす急速凍結製法

お魚の肉質は一年を通じて変化します。
鈴廣はそれぞれの魚種の肉質が最適なときにすりみにして、かまぼこをお作りしたいと考えています。

そのため、生の魚肉からすぐにかまぼこに仕上げるという作り方のほかにも、
一度生のお魚からすりみという状態にして冷凍保管する場合もあります。
お魚のすりみの弾力がきちんと残るように冷凍することは非常に難しく、永きにわたり試行錯誤を続けてまいりました。
ようやく鈴廣ならではの急速凍結製法を生み出しました。
またお魚の肉質によっては、最終的な製品まで加工してから冷凍保管する場合もあります。

それはすべて、魚の旬の状態を食卓へ届けるための術でございます。

ページ上部へもどる