• HOME
  • ツアー
  • 参加者募集中)農薬も化学肥料も使用しない田んぼで稲刈り体験 10月22日開催

参加者募集中)農薬も化学肥料も使用しない田んぼで稲刈り体験 10月22日開催

参加者募集中)農薬も化学肥料も使用しない田んぼで稲刈り体験 10月22日開催

鈴廣かまぼこは、小田原の自然や文化を楽しみながら体験できるツアーを開催しています。農業や畜産、ものづくりや伝統文化継承の担い手の方々から直接お話を伺いながら、その時期ならではの特別な体験をしていただけます。

今回は、志村屋米穀店の農薬も化学肥料も使用しない田んぼで稲刈り体験を企画しました。この稲は今年6月に田植え体験で植えたもの。実った稲穂は、いまかいまかと、稲刈りの時を待ってキラキラと輝いています。

秋晴れのもと、ご家族、ご友人と一緒に、自分の手で稲を刈り取る体験をしてみませんか?


志村屋米穀店の農薬も化学肥料も使用しない田んぼ

今回ご協力いただくのは、神奈川県小田原市にある創業明治20年の志村屋米穀店5代目・志村成則さんです。

志村さんは箱根山と丹沢山地の麓、足柄平野にて農薬や化学肥料も使わない米づくりを行っています。トンボやおたまじゃくし、川魚や微生物などの生き物が棲む田んぼのお米は“これがお米の味”なのかと再発見をしていただけます。

志村屋米穀店の農薬も化学肥料も使用しない田んぼ

自然を感じながら稲刈り体験

稲刈り体験では、志村さんに教えていただきながら手作業で稲を刈ります。たわわに実り秋風に揺られる稲穂は、まさに秋の恵そのもの。

 

「米」という字は「八十八」という文字からつくられたといわれています。 お米ができるまでには88回もの手間がかかるという意味です。自分が食べているご飯、お米がどんな手間をかけられて食卓へ届けられているのか、志村さんとの会話を通して知っていただけますように。

 

丁寧に手間暇かけて育てられた稲は、作り手に感謝しながら心を込めて刈り取りましょう。

 

 

 

 

志村さんの田んぼには、鳥やトンボなどさまざまな生き物が集います。土の柔らかさ、稲穂が揺れる音色、吹き抜ける秋風などを体全体で感じていただけます。難しい工程はございませんので、お子様とも安心してご参加ください。

 

 

 


お昼ごはんは「えれんなごっそ」で地元食材を味わう

稲刈りで体を動かしたあとは、地場食材を使ったお昼ごはんでお腹を満たしましょう。

 

鈴廣かまぼこの里のバイキングレストラン「えれんなごっそ」にてお食事をしていただきます。小田原・箱根の自然が育んだ四季折々の海の幸、山の幸を使ったメニュー約50種類の中からお好きなお料理を好きなだけ召し上がっていただけます。

 

地魚の南蛮漬けや地元の野菜料理、唐揚げ、かまぼこトミカのパトカーやハートのかまぼこなど、好きなおかずがきっと見つかります。自然の素材で丁寧につくられた料理の数々をお楽しみください。

 

 

 

 

農薬も化学肥料も使用しない田んぼでの稲刈り体験は、先着50までご参加いただけます。

先着順になりますので、下記応募フォームよりお早めにお申込ください。

 


概 要


日時
2022年10月22日(土) 9:45~11:30(受付9:30~)
申し込み締め切り
2022年10月5日(水)まで
定員
50人 
料金
大人(中学生以上) 4,500円(税込)
子供(小学生以下、4歳まで) 3,000円(税込)
3歳以下 2,000円(税込)
※当日受付にて現金でお支払いください。
※金額には、昼食代とお米代、保険代を含みます。
開催場所
神奈川県小田原市田島909MAP
お食事
「えれんなごっそ」にてバイキング
コース日程
9:30
集合受付(9:45までにお願いいたします)
9:50
志村さん自己紹介、お米の説明
9:55
稲刈りレクチャー
10:00
稲刈り体験開始
11:00
稲刈り終了(質疑応答)
11:45
「えれんなごっそ」にてご昼食
13:30
解散
キャンセルポリシー
2日前の17時までキャンセル可能です。
キャンセル料)前日:体験金額の50%/当日:体験金額の100%
持ち物
・汚れても良い服装、靴
・帽子
・タオル
・軍手
・飲み物
予約方法
1)予約フォーム(ページ下部)
2)観光営業課
TEL 0120-07-4547(お問合せ時間 9:00-17:00)
お問い合わせ
TEL 0120-07-4547(9:00-17:00)