梅の里で早春を満喫

梅の里で早春を満喫

風祭の鈴廣かまぼこの里は「梅の里」でもあります。馴染みのある品種から珍しい品種まで、数十種類の紅梅・白梅が植えられております。早咲きの梅は1月上旬から、遅咲きの梅は3月上旬にかけて楽しむことができます。本格的な春の到来を前に、梅を愛でにいらしてください。


見頃の梅の花が一番多いのは2月中旬頃

この時期に目を楽しませてくれるのが紅や白の可憐な花を咲かせる梅です。
鈴廣かまぼこの里では、特に2月中旬見頃を迎えている梅が多数あります。

鈴廣蒲鉾本店の前では、立派な「十郎(ジュウロウ)」、「八重寒紅(ヤエカンコウ)」が咲いています。
紅白並んで夫婦のような梅の木の周りでは、早春を感じるお花の香りで満ちていて、おだやかな気分にさせてくれます。

見頃の梅の花が一番多いのは2月中旬頃

かまぼこ博物館前では、見応え満点の「唐梅枝垂(トウバイシダレ)」、かわいらしい「玉牡丹(タマボタン)」が、花を咲かせてくれます。


淡く透けるような黄色がかわいらしい「蝋梅(ロウバイ)」も楽しむことができます。


蕎麦や御膳ものが楽しめるお食事処「千世倭樓」の前では、「寒衣(カンゴロモ)」、「安行八重野梅(アンギョウヤエヤバイ)」が咲いており、お食事の前後に梅の花を愛でていただくことができます。


春の訪れを報せてくれる梅の花。桜と比べて長い期間お花見を楽しむことができるのはうれしいですね。
鈴廣かまぼこの里では、30本ほどの梅がバトンタッチするかのうように可憐な花をさかせていきます。
広い里内は傾斜も少なく、ゆったり花巡りできるのも魅力の1つ。

少しずつ温かくなってくるこの季節に、梅の花をお楽しみください。


概 要


開催場所
神奈川県小田原市風祭245MAP
見頃
1月上旬から3月上旬
お問い合わせ
TEL 0465-22-3191(9:00-18:00)