• HOME
  • 店舗紹介
  • 最新情報をお届けvol.5 いよいよ9月27日オープン お客様のことを思いながら開店準備を進行中

最新情報をお届けvol.5 いよいよ9月27日オープン お客様のことを思いながら開店準備を進行中

最新情報をお届けvol.5 いよいよ9月27日オープン お客様のことを思いながら開店準備を進行中

この秋(9月27日)、名水「箱根百年水」が豊かに流れる「鈴廣 かまぼこの里」に新しいお店が誕生いたします。

合掌造りのお部屋で楽しんでいただく「会席 大清水」、お庭の眺めとともに名水甘味とお茶を楽しむ「名水甘味 且座」、器と道具の「ギャラリー&ショップ 千惠」、そば前文化を体感できる「そばと板わさ 美藏」の4つお店の準備を進めてまいりました。

本記事では、新しいお店の最新情報と店舗スタッフのオープンに込める思いについてご紹介いたします。


【会席 大清水】 お客様をお迎えする新たな玄関が完成

「会席 大清水」は一日3組、最大10名様限定の会席の食事処に生まれ変わります。
ご用向きやお客様のお好みを伺いながら、旬の食材と合わせ、今日だけ、そのお席だけのための献立をお作りします。10名様お揃いなら一棟貸し切り。囲炉裏で鮎を焼くもよし、縁側で利き酒をするもよし、茶室でお点前を楽しむもよし。あなた様のお別荘のようにお過ごしいただけます。

8月から門構えや新しい玄関まで続くお庭の改修工事を進め、ようやくお客様をお迎えする新たな設えが完成いたしました。門をくぐり、季節ごとに表情を変えるお庭の先には、荘厳な佇まいの合掌造りの離れが目の前に現れます。数寄屋の玄関の暖簾をくぐって中へ入れば、そこはまるでタイムスリップしたかのような懐かしの空間です。

【会席 大清水】 お客様をお迎えする新たな玄関が完成

【会席 大清水】調理長・澤瀬文男、一膳一心の思い

「会席 大清水」には決まったお品書きがございません。
調理長の澤瀬文男が、お席のご用向き、お客様の顔ぶれやお好みを伺いながら、旬の食材を合わせ、一品一品献立を組み立ててまいります。

「小田原は緑豊かな山々や清らかな川、海産物の宝庫・相模湾に囲まれ、豊かな自然で育まれる食材に恵まれています。大清水では、朝水揚げされた魚介や旬の野菜や薬草を使ってお品書きを考案いたします。食中にずっとじっと座っていただく必要もございません。秋には囲炉裏でアユや裏山の椎茸やタケノコを焼いたり、夏には縁側で冷酒の味比べに興じたり、ごゆるりとお食事をお楽しみください。」(会席 大清水 調理長・澤瀬文男)

【会席 大清水】調理長・澤瀬文男、一膳一心の思い

【会席 大清水】女将のお客様に寄り添うもてなしの心

「『大清水』にお越しいただくお客様は、ご用向きは様々ですが、『おいしいものを食べたいだけでなく、お食事を楽しみたい』というお気持ちがすべての方々に共通しているように思います。特別な気分を味わっていただくために、掛け軸や花器などの設え、お食事を提供する器など、季節を感じていただけるようなもてなしを心がけております。 
小田原の柑橘を乾燥させた皮を温めて自然の香りでお寛ぎいただけたらなど、お客様のお心を満たすにはどんなお手伝いができるか、想いを巡らせる日々でございます。」(会席 大清水 女将)

【会席 大清水】女将のお客様に寄り添うもてなしの心

【名水甘味 且座】湯を沸かし、茶葉を焙煎する“おくどさん”が完成

書院造りの母屋にある「且座」に一足踏み入れると、“おくどさん”という愛くるしい別称をもつ竈がお迎えします。どっしりと鎮座する大きな竈は、まるで「且座」の新たなシンボルのようでございます。

どこか懐かしさを感じる空間で、水の清らかさを味わう甘味やお食事とともに、ほっとひと息。ゆっくりと流れる時に身を任せてお過ごしください。

【名水甘味 且座】湯を沸かし、茶葉を焙煎する“おくどさん”が完成

【名水甘味 且座】スタッフトレーニングを実施しました

おくどさんで名水「箱根百年水」を沸かし、茶葉をその場で煎り、抹茶を石臼で挽き、香り高き一服を一杯一杯丁寧に淹れております。
お客様の目の前で至福の一杯をご提供できるよう、スタッフのトレーニングもいよいよ佳境に入りました。

【名水甘味 且座】スタッフトレーニングを実施しました

【ギャラリー&ショップ 千惠】地元の魅力を伝えたい

「ギャラリー&ショップ 千惠」は、見上げれば圧倒的な梁の木組みが美しい空間のギャラリーです。用の美をテーマに、「自然の美しさとともにあることで暮らしは豊かになる」と心共鳴する作り手の方々と、アートや器、雑貨や食品の展示販売、ワークショップを行います。

「私たちの地元小田原とその近隣地域には、素晴らしい作り手や産物に恵まれています。農薬や化学肥料を使わずに、トンボやおたまじゃくしが賑わう田んぼで米づくりをされている志村屋米穀店さん。蛍の棲む川の傍でガラス作品をつくる作家・濱舘寛さん、村木未緒さん(ipada)。ギャラリー&ショップ千惠では、これらの作品展示やワークショップを通じて、ひとつひとつの魅力あふれる人、モノを、小田原・箱根を訪れるお客様にお伝えしてまいります。」(ギャラリー&ショップ 千惠 店長)

【ギャラリー&ショップ 千惠】地元の魅力を伝えたい

【ギャラリー&ショップ 千惠】オリジナル商品が完成しました

販売する商品のひとつに、型染をテーマにしたオリジナル商品がございます。
鈴廣のデザインを手掛ける型染作家・鈴木結美子氏が、異分野の作り手の方々とオリジナルの品々をつくります。今回は小田原で石鹸の生産や販売を手掛ける会社とともに、花や縁起物をモチーフにした石鹸をご用意しました。

【ギャラリー&ショップ 千惠】オリジナル商品が完成しました

【そばと板わさ 美藏】 季節のお蕎麦で秋の訪れを感じて

美藏では四季の移ろいをお蕎麦で感じていただけるよう、季節の食材を使ったお蕎麦のお献立を用意しております。

リニューアルオープンする9月27日からは、「芋切り蕎麦」を召し上がっていただけます。「芋切り蕎麦」はむかごとイチョウ芋を練り込んだ更科蕎麦。通常の更科蕎麦よりも甘みを感じていただけます。稲穂と旬の食材を使った天ぷらとともにどうぞ。

【そばと板わさ 美藏】 季節のお蕎麦で秋の訪れを感じて

WEBサイトのご案内

会席 大清水
http://www.kamaboko.com/sato/ohshimizu/

名水甘味 且座
http://www.kamaboko.com/sato/shaza/

ギャラリー&ショップ 千惠
http://www.kamaboko.com/sato/chiye/

そばと板わさ 美藏
http://www.kamaboko.com/sato/mikura/


概 要


開催場所
神奈川県小田原市風祭50MAP
オープン日程
2021年9月27日(月)
お問い合わせ
TEL 0465-24-3456(9:00-17:00)