現在のページ

かまぼこの栄養~高タンパク質・低脂肪・低カロリーのかまぼこ

かまぼこが栄養価の高い食材であることをご存知でしたか。
かまぼこは私たちの健康維持に欠かせないタンパク質を豊富に含んでいます。

人間の体の60~70%は水分ですが、次に多いのがタンパク質で20%をしめています。筋肉や胃腸などの臓器、皮膚といった組織から酵素やホルモン、血液まで、そのほとんどを作る上でタンパク質が必要です。

健康、美肌、筋力アップにかまぼこが最適

タンパク質をしっかりとることで、働きがよくなる例をいくつかご紹介します。
たとえば、免疫力アップ。免疫力低下を防ぐためには、血液中の抗体を体内で作り出すことが重要です。免疫力の源となる抗体や殺菌酵素はすべてタンパク質からできています。

美肌効果にもタンパク質が重要です。タンパク質は血行促進によってくすみを減少させ、ニキビの原因になるアクネ菌に対して制菌効果があります。タンパク質をとると美髪にもつながります。髪の内部で水分を保っているケラチンという物資もタンパク質からできているからです。
筋肉ももちろんタンパク質からできています。タンパク質をとることは筋肉の疲労回復に欠かせません。
加えて、エネルギーを消費するのは筋肉ですから、脂肪を燃やしたいときにはしっかりタンパク質をとり筋肉をつくることが大切なのです。

かまぼこは低脂肪・低カロリー

さらにかまぼこは高タンパク質であることに加え、低脂肪なことも特徴です。
栄養素成分表によると、かまぼこに含まれるタンパク質は100gあたり12gで脂肪はわずか0.9gしかありません。
一方、タンパク質を多く含むとされている牛肉はたしかにタンパク質を18.9gも含みますが、同時に脂肪も17.5gと高めです。
低カロリーとされる木綿豆腐は脂肪が4.2gですが、タンパク質がかまぼこの約半分の6.6gしかありません。

かまぼこはタンパク質のパーフェクト食品。お正月だけではなく、いつもの食卓にお使いください。

ページ上部へもどる